WORLD FINE WINES   on line
Wine Brokerage & Education Servises
ワールドファインワインズ                                                     for Wine Industry Professionals
HOME
WINE MAKING
VITICULTURE
TASTING
MARKETING
HAVE A BREAK
WINE TALK
ABOUT US

a

WINE TALK



試してみたいぶどう品種のワイン、あれこれ 【その1 赤ワイン編】
   アルゼンチンのMalbec(マルベック)
   チリのCarmenere(カルメネール)
   カリフォルニアのZinfandel(ジンファンデル)
   南アフリカのPinotage(ピノタージュ)
   スペインのTempranillo(テンプラニーヨ)
   イタリアのAglianico(アリアニコ)


試してみたいぶどう品種のワイン、あれこれ 【その2 白ワイン編】

   Riesling(リースリング)
   Sauvignon Blanc(ソーヴィニオンブラン)
   Viognier(ヴィオニエ)
   Gewurztraminer(ゲヴュルツトラミナー)

飲み残したワインの保存法―どんな方法が有効か 【第1回】

   なぜ開栓するとワインの風味が落ちていくのか
   ワインの酸化を防ぐ方法
    (1)器具を使ってボトルの中の空気を抜く
    (2)飲み残したワインを小さなびんに移し変える
    (3)ボトルの中の空気を別の気体と置換する
   ちょっとコラム
    ワインのヘッドスペースには何が入っている?


飲み残したワインの保存法―どんな方法が有効か 【第2回】
    (4)ワインを凍らせる
    (5)小石のようなものをボトルに入れる
   開栓後のワインの保存の要点

ワインについて、ちまたで信じられていることは正しいか【その1】
   (1)シャブリのあの火打石臭といわれる独特の香りや、カチッとした飲み口の特徴は、石灰質土壌からもたらされる。
   (2)テロワールとは土壌のことをいう。
   (3)ワインはアルカリ性なので健康によい。
   (4)白ワインは冷やして、赤ワインは室温で飲むのが良い。


ワインについて、ちまたで信じられていることは正しいか【その2】

   (5)二酸化イオウ無添加のワインは、より良質なワインである。
   (6)ワインは熟成するので、年数を経過したほうがおいしくなる。
   (7)ワインの専門家は、ワインを飲んだだけでその銘柄やぶどう品種、ヴィンテージなどがわかる。

過小評価されがちなワインたち
    クリュ・ボジョレー(Cru Beaujolais)
    リースリング(Riesling)
    ロワールのワイン
    甘口のワインたち
    そのほか、まだまだたくさん

 
金賞受賞ワインの怪

     金賞ワインの大安売り
     インポーターと流通関係の皆様への提言

赤ワインはなぜ赤い
   ワインの赤い色はどこから来るのか
   白ワインはなぜ白い
   ロゼワインはなぜピンクなのか
   ピノノワールから造られるシャンパーニュはなぜ白い

 ぶどう畑に行こう

ワインの点数評価は、消費者のワイン購入を助けることになるのだろうか
    ワインの点数評価の賛否
    得点の高いワインはおいしい?
    それでもやはり、ワインの点数評価は有効か

 

ワインに関する20の質問


消費者からのワインに関する20の質問―ワインのプロが向き合うべき重要事項
   消費者からの質問は、実は極めて高度
   ワインのプロフェショナルが真に向き合うべき課題


地球温暖化がワインにどう影響を与えるのか
     ワインは農産物
     ぶどうの栽培適地
     たとえばピノノワールとぶどう産地
     地球温暖化とぶどう栽培

 ワインの高アルコール度化からの回帰はあるのか

ワインのラベルを飲む人々
  日本のワインマーケットの特徴
  自分の口に合うワインを自分で探していく楽しみ
  ワインを楽しく飲むには勉強が必要か
  お客様は神様


ワイン販売とホスピタリティ

  ワインの売り手と消費者の関係
  ホスピタリティ インダストリー(hospitality industry)
  ホスピタリティとは
  さりげなさが肝要

ワイン業界の人材育成の重要性と必要性
   日本のワインマーケットの現況
   ちょっと耳の痛い話
   日本のワイン教育の貧困


ワインの根本部分を知ることの意味
  ワインの根本部分とは 
  なぜワインの根本の部分を知ることが重要なのか
  ワインの何を理解すればいいのか


ワインの流通、販売にかかわる人々への情報提供について考える
  情報の出し手と受け手
  具体的な事例
  正しい情報はどこからやってくるのか

 

ワイン業界で使われる用語の問題
      いくつかの具体例
      なぜ用語が混乱するのか
      知っておく(理解しておく)とよいと思われるワイン用語

 ワインの専門用語の使用を考える

遺伝子操作ワインの出現で思う
     遺伝子操作ワインとはどういうワインか
     ワインで遺伝子操作がおこなわれる背景 
   ワインの遺伝子操作に関する議論−その賛否


ワインの『同質化』の議論を考える
      『ワインの同質化』とはどういうことを言っているのか
      ワインの同質化の方向性
      ワインの同質化の背景―ワインの製造面から
      ワインの同質化の背景―ワインのマーケットの側面から
      ワインの同質化は歓迎すべきことであるのか


ワインプロフェショナルを目指す皆様への提言
ーワインを良く知るためには、どんなふうにワインの理解を進めていったら良いのかー

   ワインの勉強は苦痛以外の何物でもない??
   ワインを知る・理解するとは、たとえば・・・
   『ワインを知る』の楽しみ


WORLD FINE WINES on lineが個別のワインに言及しない理由
   ワインに関わる3つの人のグループ
   なぜ個別のワインに言及しないのか
   消費者の皆様からのサイトに対する不満
   WORLD FINE WINES on lineを運営する上で心がけていること
   WORLD FINE WINES はまったく個別のワインに言及しないのか



WORLD FINE WINES
について
WORLD FINE WINES
エデュケーション
プログラム
WORLD FINE WINES
電話サポート
ワイン専門資料の
ご提供
ニュースレター(無料)
のお申込み
 


       



| Home | Wine Making | Viticulture | Tasting | Marketing | Have a Break | Wine Talk | About Us | Site Map |
  WORLD FINE WINES  All Rights Reserved   プライバシーと諸条件